スポンサードリンク
.

KONIKA MINOLTA DiMAGE X1

KONIKA MINOLTA DiMAGE X1


有効画素数 800万画素

なんてったって、小さく、スリム。

コンパクトでスタイリッシュ。

本当にこんな小さなカメラで800万画素なの!?

と疑ってしまうほど。

しかも、手ブレ補正機能「アンチシェイク」を搭載。

しかし、デジカメの小型化に伴い、ホールディングの悪さがってのが
気になるんですが、X1にも手ブレ補正機能が付いています。

もう標準装備になってて、本当に心強いですね。


その手ブレ補正機能の効果としては、広角側でシャッター速度
1/6秒程度までが手持ち可能だとメーカーがうたっております。
ホント、驚きです。

バックの液晶モニターも2.5型と、スッキリ見やすくなっています。


もう、小さな液晶では満足いかない世の中です。


カラーバリエーションも3色。

ブラストシルバー、ブラッククローム、ワインレッド。

女のコが持つなら、やっぱりワインレッドかな?

ブラストシルバーもオススメカラーですね。


コニミノX1.jpg
http://mooo.jp/7h48

にほんブログ村 写真ブログへ
1ポチッとお願いします。



人気blogランキング
1ポチ ありがとうございます。



KONIKA MINOLTA DiMAGE X1の主な仕様は・・・・

KONIKA MINOLTA 現場監督 DG-5W

KONIKA MINOLTA 現場監督 DG-5W

レンズの出ない薄型ボディと防水・防塵・耐ショック設計で
スリム&タフを実現したカメラがこの「現場監督」です。

「現場監督」というネーミングも好きです。
武骨なデザイン、タフなボディ、少々荒く扱っても
ビクともしない、そんなコンパクトデジカメです。

水洗いもデキルってんだからビックリですよね〜。

現場ならず、扱いを気にせずに撮れるそんな無造作なカメラといっていいでしょう。

また、10m以上離れた被写体にまで届く大光量内蔵フラッシュを搭載。
離れた被写体まで撮影できるのは嬉しいですね。

さすがは、「現場監督」、グローブや軍手をしていても使いやすいように、
シャッターボタンやズームボタンが大型です。

だから可愛いのかも。

そして武骨なデザインに似合わない(笑)ホールディングの高さはかなり
評価が高いです。

「ホンモノの現場仕様!」ってことで、「提出」ダイヤルに合わせるだけで、
国土交通省デジタル写真管理情報基準(案)に、準拠した電子納品に適した
解像度(1280×960)、画質を自動的に設定します。

PictBridge対応です。

現場監督
http://mooo.jp/cikr



にほんブログ村 写真ブログへ
1ポチッとお願いします。


人気blogランキング
1ポチ ありがとうございます。

KONIKA MINOLTA 現場監督 DG-5Wの主な仕様は・・・・

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。