スポンサードリンク
.

リコー GR DIGITAL II


GR DIGITAL II


11月22日発売されるGR DIGITAL II
素晴しいヌケのよさと切れ味の画像は、「GR LENS」ならでは。
人物から風景、スナップとどんな被写体でも、撮影することが
ますます楽しくなるコンパクトデジカメです。

マクロ撮影においては、レンズ先端から被写体まで、最短1.5cmという
撮影ができます。

小さなアクセサリーや、昆虫、花などいろんなマクロ撮影を楽しむことが
できますね。

GR DIGITAL IIも記録データとしてRAWで撮れます。

RAWファイルは、色や階調の情報量を極力圧縮せずに高画質な写真を
記録することができます。

RAWファイルのメリットは、JPEGよりも多くの情報量を記録できることです。
(RAWとは、直訳すると「生」とか「そのまま」という意味で、
 デジタルカメラ用語では「生のデータ」「加工してない元のデータ」
 という意味で使われます。)

RAWで撮影することによって、後の画像調整をより詳細に行うことが
可能になります。

JPEGファイルとRAWファイルとを比較すると、RAWファイルのほうが
JPEGに圧縮した時のノイズが発生せず高画質になります。

デジタルカメラで撮影した写真を大きく引き伸ばしてプリントしたり、
フォトコンテスト応募作品を作る方がデジカメを選ぶ選択肢として、
RAWファイルで撮れるかどうか、というのを重要視する傾向もあります。

キヤノンPowerShotG9同様、コンパクトでありながらもRAWファイルとして記録できる
コンパクトデジカメがGR DIGITAL IIなのです。

キヤノンPowerShotG9よりはかなりコンパクトになっているので
旅行や日常持ち歩くのにはよさそうですね。
なんとかポケットにいれて持ち歩けるかと・・・。

ただ、コンパクトデジカメにしては、値段的にはちょっとお高くなりますね。

しかし、撮れたものの質をみれば、納得すること間違いないでしょうね。

ボーナスをあてにして、ちょっと早いクリスマスプレゼントをしてもいいでしょうね。





リコーのHP


にほんブログ村 写真ブログへ
1ポチッとお願いします。

人気blogランキング
1ポチ ありがとうございます。







GR DIGITAL IIの主な仕様は・・・・


●有効画素数 1001万画素

●感度 AUTO/AUTO-HI/ISO80/100/200/400/800/1600

●記録媒体
  SDカード、SDHCカード、マルチメディアカード、内蔵メモリー(約54MB)

●ホワイトバランス 
  オート/屋外/曇天/白熱灯/蛍光灯/手動設定/詳細設定、ホワイトバランスブラケット機能

●液晶モニタ
  2.7型 透過型アモルファスシリコンTFT液晶、約23万画素

●測光方式
  マルチ(256分割)/中央重点測光/スポット測光(TTL-CCD測光式、AEロック可能)

●撮影モード:オート撮影モード/プログラムシフトモード/絞り優先モード/
       マニュアル露光モード/シーンモード (斜め補正/文字/動画)/
       マイセッティングモード
       プログラムAE/絞り優先AE/マニュアル露出

●露出補正:マニュアル補正(+2.0〜-2.0EV 1/3EVステップ)、
      オートブラケット機能(-0.5EV、±0、+0.5EV /-0.3EV、±0、+0.3EV )

●シャッター 180、120、60、30、15、8、4、2、1〜1/2000秒

●電源 リチャージャブルバッテリー(DB60)×1、ACアダプター(AC-4c オプション)、
   単四形アルカリ乾電池×2、単四形オキシライド乾電池×2、単四形ニッケル水素準電池×2

●大きさ 107.0mm(W)×58.0mm(H)×25.0mm(D) 突起部含まず

●重量 約168g(バッテリー、SDメモリーカード、ストラップは含まず)、
          付属品約30g(バッテリー、ストラップ)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。