スポンサードリンク
.

CANON EOS 5D Mark II

CANON EOS 5D Mark II


EOS 5Dの後継機種がようやく発売されます。

CANON EOS 5D Mark II

35mmフルサイズ、約2110万画素のCMOSセンサーを搭載。
フルサイズでこの画素数!いったいどれくらいの美しい画像になるんだろう!
と、期待大です。

映像エンジンは「DIGIC 4」を搭載。
2110万画素の大容量を高速処理するために作られた次世代映像エンジンだそうです。
これまでのデジタル一眼レフカメラとは一線を画しそうな、そんな感じでしょうか。

さらに特筆すべきは、UDMA(Ultra Direct Memory Access)対応のCFカードへ
高速書き込み、読み取りが出来ることです。
大容量のデータを扱うようになるEOS 5D Mark IIならではの機能ですね。

常用ISO感度は100〜6400。
高感度時のノイズもかなり低減されているし、拡張すれば25600の超高感度撮影も可能という
驚きの性能です。

もう今は発売を待つばかり。
早く実機を手に取ってその性能を実感したいですね。


5DMark2.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
1ポチッとお願いします。

人気blogランキング
1ポチ ありがとうございます。











CANON EOS 5D Mark II の主な仕様は・・・・

●有効画素数 約2110万画素

●記録媒体 CFカード(タイプI、II準拠、UDMA対応)

●レンズ キヤノンEF レンズ群(EF-Sレンズを含む)
     (有効撮影画角は、レンズ表記焦点距離の等倍に相当)

●アスペクト比 3:2

●画像タイプ JPEG、RAW(14bit、キヤノン独自)
       RAW+JPEG同時記録可能

●シャッタースピード 1/8000〜30秒、バルブ(すべての撮影モードを合わせて)
X=1/200秒

●連続撮影速度
最高約3.9コマ/秒

●連続撮影
JPEG:約78枚(約310枚)、RAW:約13枚(約14枚)
  RAW+JPEG:約8枚(約8枚)
  (JPEG:ラージ/ファイン)

●ISO感度 全自動、クリエイティブ全自動:ISO100〜3200、自動設定
P、Tv、Av、M、B:ISO100〜6400任意設定(1/3段ステップ)、
およびISO50(L)、ISO12800(H1)、ISO25600(H2)の感度拡張が可能

●液晶モニター TFT式カラー液晶モニター 3.0型/約92万ドット(VGA)

●ファインダー視野率 約100%

●測光方式
  35分割TTL開放測光
* 評価測光(すべてのAFフレームに対応)
* 部分測光(中央部・ファインダー画面の約8%)
* スポット測光(中央部・ファインダー画面の約3.5%)
* 中央部重点平均測光

●露出制御  プログラムAE(全自動、クリエイティブ全自動、プログラム)、
       シャッター優先AE、絞り優先AE、深度優先AE、マニュアル露出、バルブ

●露出補正 手動、AEB(手動露出補正との併用可能)
      補正量:1/3、1/2段ステップ±2段

●電源 バッテリーパック LP–E6、1個

●大きさ  152.0(幅)×113.5(高さ)×75.0(奥行)mm

●質量 約810g(本体のみ)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/106858528
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。