スポンサードリンク
.

CANON EOS 50D

CANON EOS 50D

久々に物欲にかられるデジタル一眼レフカメラに出会いました。
映像エンジンが新しくなったキヤノンのデジタル一眼レフカメラ、CANON EOS 50D
有効画素数約1510万画素のCMOSセンサーによる高い解像度が魅力です。
ダイナミックレンジを高輝度側に拡大し、白トビを抑制してくれる機能、
ということで、サンプル画像を見ると、グレーからハイライトまでの
豊かな階調描写が!すでに期待度大です。
センサーから送られてくるデータを高速で処理し、高精細かつ自然な色で
再現するのが、次世代映像エンジンDIGIC 4。
この新しい映像エンジンがこれまたそそられます☆
ISO感度は、100〜3200。感度拡張でISO6400・12800の高感度撮影もできるので
ストロボ禁止の室内撮影、たとえば舞台撮影や子供のお遊戯会などにも大活躍
できること間違いなし!

飛躍的に進歩しているミドルクラスのデジイチ、CANON EOS 50D

デジタル一眼を持ってなかった人も、持ってる人も欲しくなる、
そんなカメラです。

CANON EOS 50D
 



にほんブログ村 写真ブログへ
1ポチッとお願いします。

人気blogランキング
1ポチ ありがとうございます。




CANON EOS 50D の主な仕様は・・・・

●有効画素数 約1510万画素

●記録媒体 CFカード(タイプI、II準拠、UDMA対応)

●レンズ キヤノンEF レンズ群(EF-Sレンズを含む)
     (有効撮影画角は、表記焦点距離の約1.6倍に相当)

●アスペクト比 3:2

●画像フォーマット DCF 2.0

●画像タイプ JPEG、RAW(14bit)

●シャッタースピード 1/8000〜1/60秒(全自動モード)、X=1/250秒
          1/8000〜30秒、バルブ(すべての撮影モードを合わせて)

●連続撮影速度
   高速:最高約6.3コマ/秒
   低速:最高約3コマ/秒

●ISO感度 かんたん撮影ゾーン:ISO100〜1600自動設定
      応用撮影ゾーン:ISO100〜3200任意設定
             (1/3段ステップ)
      自動設定、およびISO6400,12800の感度拡張が可能

●液晶モニター 3.0型TFT式カラー液晶モニター

●ファインダー視野率 約100%

●測光方式
  35分割TTL開放測光
  ・評価測光(すべてのAFフレームに対応)
  ・部分測光(中央部・ファインダー画面の約9%)
  ・スポット測光(中央部・ファインダー画面の約3.8%)
  ・中央部重点平均測光

●露出制御  プログラムAE(全自動、ポートレート、風景、クローズアップ、
      スポーツ、夜景ポートレート、ストロボ発光禁止、
      クリエイティブ全自動、プログラム)、
      シャッター優先AE、絞り優先AE、自動深度優先AE、マニュアル露出、

●露出補正 手動、AEB(手動露出補正との併用可能)
      補正量:1/3、1/2段ステップ±2段

●電源 バッテリーパックBP-511A、1個

●大きさ 145.5(幅)×107.8(高さ)×73.5(奥行)mm

●質量 730g(本体のみ)






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。